サッカー

コパ・アメリカに招待されたサッカー日本代表が出場する意義とは?

コパ・アメリカに招待された、サッカー日本代表が出場する意義とは?
コパ・アメリカに招待された、サッカー日本代表が出場する意義とは?1

今回の記事では、コパ・アメリカに招待された
サッカー日本代表が出場する意義とは?
について記事をまとめていきます。

どうも、くろさんです!

『ぼちぼち くろブロ』
にお越しいただきありがとうございます。

サッカーアジアカップは準優勝という結果でしたね。
でも、いつまでも悔やんでいても仕方ありません。

次は、以前は南米選手権と言われていた、
コパ・アメリカから招待され出場が決定

既に組み合わせ抽選も1月24日に行われ、
日本代表は、グループCに入りました。

南米大陸の国々とガチンコ勝負が出来る!
日本代表強化には良い機会となりますね。

日本代表が入ったグループCには、前大会
王者のチリ代表、強豪のウルグアイ代表、
エクアドル代表が同居しています。

厳しい相手ばかりですが、
6月17日からのチリ戦が楽しみで
今からワクドキです!

まだ4ヶ月も先なんですが、
気持ちが抑えられません(笑)

スポンサーリンク








 

コパ・アメリカと日本代表

コパ・アメリカに招待された、サッカー日本代表が出場する意義とは?2

コパ・アメリカは、
南米大陸の国々で王者を決する大会です。
アジア大陸のアジア杯と同じですね。

南米の各国にとって
ワールドカップ予選と同じくらい、
重要な大会です。

どうして??

日本代表が、南米大陸王者を決める大会に、

出場出来るんでしょうか?

サッカーファン以外の方はどうして?
ってなりますよね。

コパ・アメリカに

他の大陸の代表チームが参加したのは、
1993年の大会で

北中米の代表チームが初めてでした。

2019年の今回は、
日本代表とカタール代表が招待されました。

偶然にも、アジア杯決勝で戦った2チーム
なんですよね~。

これまで日本代表チームは、
今回を含めて4回招待されているんです。

1999年のトルシエ監督時代に
1度出場しています。

2011年と2015年にも、

招待されていましたが、
Jリーグの日程調整がつかず

辞退しているんです。

2011年は東日本大震災の年だったので
さすがに仕方ないと思います。

2015年は、
正直もったいないなぁ~と思いました。

Jリーグも大事でなんですが、

本来は日本代表ありき

という考えになってほしいですね。

1999年のコパ・アメリカに参加した、
日本代表

ペルー代表、パラグアイ代表、ボリビア代表と戦いましたが、
成績は一つも勝てず1分け2敗でした。

日本のキリンカップなどの親善試合では、
勝利したことのあるチームですよね?

これが親善試合との違いで、
地元でアジアのチームに負ける事は、
許されないという
本気モードでの戦いだからです。

日本での親善試合は、
あくまでも友好的にという考えです。

言いすぎかもしれませんが、
旅行ついでに
サッカーをする位なのかもしれません。

南米チームに、近い将来に本気の勝負で、
「ギャフン」と言わせたいですよね。



コパ・アメリカに招待される理由

コパ・アメリカに招待された、サッカー日本代表が出場する意義とは?3

完全にお金目当てで間違いないです。

毎大会、開催費用の捻出に
苦労していると言われています。

放映権料やスポンサー料を
確保したいのが本音
でしょう。

カタール代表の招待も、
オイルマネー狙いが本音でしょうが、
次回のワールドカップ開催地という事があるので、
カタール代表についてはごまかせるかな~(笑)

2011年、2015年の
2大会辞退にも関わらず、
3大会連続で招待されている。

理由は別にしても、
日本代表強化の為なら毎大会出場できるように、
JFAも頑張って頂きたいですね。

主な目的はお金かもしれませんが、

多少は日本サッカーの進歩も
認めてくれてるんじゃないかなあ?

と期待もしています。

他にもサッカー関連記事があります。読んで下さい!
あわせて読みたい
サッカー日本代表が強くなるには、組織力と個の力との融合が課題!6
サッカー日本代表が強くなるには組織力と個の力との融合が課題! 今回の記事では、 サッカー日本代表が強くなるには 組織力と個の力との融合が課題! について記事をまとめていきます。...

https://botibotiaruku.com/hobby/2482/

https://botibotiaruku.com/hobby/2463/

日本代表が出場する意義

コパ・アメリカに招待された、サッカー日本代表が出場する意義とは?4

しつこく言いますが日本代表の強化です!
「SAMURAI修行」にしときますか(笑)

森保監督の談話

完全なアウェーの地は、貴重な強化と経験
の場所になる。成長・発展させたい。

本気モードの南米チームを相手にする事で
チームとしての経験値とチーム力を高める
事が出来る。

南米のチームから、学ばなければいけない
ことが沢山ある。

日本は大陸に隣接する国ではありませんし
完全な島国ですよね。

サッカー強国の欧州や
南米から離れていることも、
他の国とは事情が違います。

各国のリーグ戦、大陸の選手権など

かなりタイトなスケジュールとなっていますし、
強豪国とマッチアップする機会も、困難な

状況になってきています。

コパ・アメリカに出場すれば

本気モードの南米の強豪と、
最低でも3試合も出来る

と考えれば、素晴らしい機会を
与えてくれていると思いませんか?

「武者修行」という言葉があります。
強くなるためには、国内の親善試合だけでは、
得られるものは限られます。

国外へ出て、

完全にアウェーの環境で強化してこそ、
新しい戦術の発見や心身の強化に繋がる

と考えます。

チームも、個人選手のように海外へ積極的
に武者修行に行ってほしいのですね。

それが簡単にできない問題が
あるのも事実なんです!

FIFAの規定

アジアカップや

コパ・アメリカなどの大陸選手権で
選手を招集する際、

代表チーム側の拘束力は1年1回と定められています。

2019年1月から開催された、

アジア杯に招集した選手たちを
再びコパ・アメリカの登録メンバーに招集する条件
として

各選手が所属するクラブチームの
協力を得る必要
があるんですよ~・・・

「日本代表の試合があるから来なさい!」
年1回しか言えないんです。

これは海外移籍選手に限ったことではなく
Jリーグ所属の選手も同じです。

なので、アジア杯に出場したメンバーが、
全員コパ・アメリカの舞台に立てるのか?
正直、非現実的な話になってしまいます。

メリットは新しい選手を

試したりする事はできますが、
日本代表チームの顔で

主力となるメンバーが揃わなければね~・・・

本当の意味での強化には繋がらないですし
デメリットの方が大きいと考えます。

まとめ

いかがしたか?

日本代表は
2019年のコパ・アメリカに出場する。

これで4回目の招待も出場は過去1回のみ

日本代表が招待される理由は
実力が付いてきた事?と言いたいが、
お金目的が本音

日本代表がコパ・アメリカに出る意義は、
日本代表強化。「武者修行」となる

それでは、以上で
コパ・アメリカに招待された
サッカー日本代表が出場する意義とは?
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これかもぼちぼち くろブロをヨロシク!



ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。