競馬

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?恒久アローワンス始まる

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?恒久アローワンス始まる4

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?恒久アローワンス始まる
今回の記事では、

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?
恒久アローワンス始まる

について記事をまとめていきます。

どうも、くろさんです!

『ぼちぼち くろブロ』
にお越しいただきありがとうございます。

3月1日より
女性騎手へのアローワンス(減量制度)
適用されますね。

フランスギャロから遅れること2年

それもフランスギャロは
昨年3月からアローワンスを
一部縮小しているんですが・・・

女性騎手がもっと活躍できる機会
を増やすキッカケには良いんじゃないか?
と思います。

フランスのように

9ヶ月間のデータや効果を分析して
適正なアローワンスに変更すれば

いいんじゃないでしょうか。

藤田菜七子騎手

技術、メンタル面全てにおいて
一流騎手の仲間入りをするためには

まずは、騎乗数を増やすことが大事ですよね。

馬主さんの騎乗依頼から
騎手を提案する時には、

このアローワンスは
かなりの武器になるんじゃないかな~

もう既に騎乗依頼が殺到している
とのニュースもあります。

今回は、
このアローワンス藤田菜七子騎手
一緒に展望していきましょう!

スポンサーリンク








 

藤田菜七子 騎乗予定・成績大幅アップ

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?恒久アローワンス始まる1
競馬の着差換算をするために
レーティングの原則
といっていい以下の指標があります。

1馬身は1秒のおよそ1/5。
2馬身は1秒の3/10。
6馬身は1秒に等しい。

また、1kg斤量が重くなると

短距離(1000m~1600m)
約半馬身(0.088秒)

中距離(1600m~2200m)
約1馬身(0.167秒)

長距離(2200m~)
約2馬身(0.334秒)

差が付くと言われています。

『6馬身は1秒』から換算すると
1馬身は0.167秒という事になります。

3kgハンデをもらえれば

短距離で0.264秒差。

中距離で0.501秒差。

長距離で1.002秒差。

のタイムが縮まるという計算になります。

これらは、あくまでも机上の計算
というお話しになってしまいますが・・・

これを今季藤田菜七子騎手
これまでの騎乗レースに当てはめてみると
面白い結果が得られましたよ~

つまり、これらの秒差の近似値
負けたレースが何レースあったのか?
を調べてみました。

対象レースは
以下の6レースが該当します。

2019年1月

第1回中京開催5

2R 3歳未勝利
ダ1900m 斤量55kg 0.4秒差の4着

2019年2月

第1回中京開催5

1R 3歳未勝利
ダ1800m 斤量53kg 0.0秒差の2着

8R 4歳上500万下
ダ1400m 斤量56kg 0.2秒差の2着

9R 4歳上500万下
芝1200m 斤量56kg 0.0秒差の2着

第1回小倉開催2

2R  3歳未勝利
ダ1700m 斤量55kg 0.5秒差の5着

第1回小倉開催5

7R  4歳上500万下
ダ1700m 斤量56kg 0.1秒差の4着

計算上ではこの6レース
勝ち負けになります。

全て勝てていれば
6勝の上積み出来ていた計算になります。

今季は現在まで3勝にとどまっているので
9勝に到達していることになります。

このペースで勝利数を上積みできれば
年間勝利数が50~60勝まで
伸びる計算になりますね。

3月1日からの概算でも
年間勝利数は40~50勝となります。

藤田菜七子騎手の年間最高勝利数
2018年の27勝なので倍増となり、
今季に通算100勝圏内になります。

ただ、100勝を超えた時点
斤量3kg減の恩恵は無くなってしまいますけどね。

藤田菜七子騎手デビューからの
年間勝利数の推移です。

2016年  6勝

2017年 14勝

2018年 27勝

2019年  3勝

3月1日から平場限定ですが
斤量が2kg減追加され
トータル3kg減の斤量となります。

これは、トンデモナイ恩恵を
受けることになると思いますよ。

騎手を選ぶ馬主さんにとっても
とても魅力的です。

すでに騎乗依頼が殺到しているとの
情報もありますよね。

正真正銘の見習い騎手
斤量3kg減となりますが、

藤田菜七子騎手は、デビューして4年目
通算勝利数50勝

先日はフェブラリーステークスで
G1初騎乗も経験されています。

斤量3kg減の騎手では間違いなく
実績でナンバーワン!!
と言ってもいいでしょう。

なので、
騎乗依頼が爆発的
増えることが予想されます。

騎乗依頼が増えれば、
騎手としての実力も付いてきますよね。

実力が伴ってくれば
更に騎乗依頼が増えますし
強い競走馬にも乗れるチャンスも・・・

こうもトントン拍子に
上手く行くかはわかりません

しかし、
その可能性を大きくするアローワンスです。

着実にステップアップをしてきている
藤田菜七子騎手なので、

これまで以上に夢が膨らんできますよ~

まだまだ、
菜七子祭りは終わりそうにないですね。




恒久アローワンス始まる

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?恒久アローワンス始まる2
アローワンス(減量制度)と騎乗制限

現在、
JRAにおける見習騎手のアローワンス

ハンデキャップ競走
特別競走(重賞競走も含まれる)
除く一般競走に適用されていますよ。

アローワンスは
騎手免許取得5年目までなので、

5年を過ぎると勝利数に関わらず
減量の特典は無くなってしまいます。

減量条件

-1kg
勝利数51回以上100回以下

-2kg
勝利数31回以上50回以下

-3kg
勝利数30回以下

-2kg
女性騎手の追加減量
(2019年3月1日~)

見習騎手でもある
女性騎手の減量は最大で4kgとなります。

ただし、勝利数30回以下でも
5kgの減量にはなりません

藤田菜七子騎手は3月1日から
女性騎手のアローワンスが適用されます。

今週末から通算101勝をあげる間
平場に限り3キロ減での騎乗ができます。

菜七子ブーム到来を予言していたかのような
JRAの新減量制度ですよね。

待ってました!と言わんばかりに
藤田菜七子騎手争奪戦
繰り広げられているそうですよ。

ある調教師さんは名言を残しています。

経験のない3kg減と経験を積んだ3kg減
は全く違う!

3月1日以降の藤田菜七子騎手の
騎乗っぷりが楽しみになってきました。

アローワンス3kg減で心配なのは
藤田菜七子騎手自身の体重管理ですよね。

彼女の体重は公称で45.6kgですので、
心配無用ですね。

藤田菜七子騎手も減量について

もともと体重は軽いので
苦労なく減らすことが出来る

と話されています。

ちなみ情報

全騎手の6分の1女性騎手のフランスでは
2017年3月に女性騎手のアローワンス
導入しています。

この結果、女性騎手の勝利数は
従来の165%増になっています。

女性騎手の騎乗機会も
およそ2倍に跳ね上がりました。

藤田菜七子騎手の勝利数ですが
この165%増をあてはめてみると

昨年の年間勝利数27勝✕165%
44~45勝となるわけです。

先述した

レーティングの原則から
はじき出した年間勝利数予想

とほぼ同じ結果が出ましたね。

藤田菜七子騎手の2019年の勝利数は
45~50勝と予想しておきます。

他にもスポーツ関連記事がありますよ~! ぜひ、ごらんくださいね。

https://botibotiaruku.com/sports/3208/
https://botibotiaruku.com/sports/3245/

あわせて読みたい
2024パリオリンピック追加種目ブレークダンスで金メダルの可能性4
2024パリオリンピック追加種目ブレークダンスで金メダルの可能性 今回の記事では、 2024パリオリンピック追加種目 ブレークダンスで金メダルの可能性 について記事をまとめていきます。...
https://botibotiaruku.com/hobby/3337/

フランスのアローワンス

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?恒久アローワンス始まる3

2017年3月

フランスギャロが、女性騎手についての
2kgのアローワンスを導入されています。

フランスでは
準重賞を含む重賞こそ除外されていますが
平地と障害レースの9割
レースの対象になっているいみたいですよ。

2017年12月

フランスギャロは、
女性騎手へのアローワンス導入後
9ヵ月間の効果について分析を行っています。

女性騎手の認知度は高まった。

女性騎手の勝利数は従来の165%増。

女性騎手の騎乗機会もおよそ2倍増。

これらを踏まえて
女性騎手のアローワンスが
調整される運びになりました。

平地競走では
2018年3月1日から
2kgが1.5kg引き下げ決定。

障害競走の2kgは現状維持で決定。

女性騎手のアローワンス導入後
ちょうど1年で実施されることになりました。

恐らく
JRAも同じ様なスケジュールで分析を行って
調整作業もされるんでしょう。

それもこれも
藤田菜七子騎手次第かもしれませんね。

菜七子勝ち過ぎ!これはいかん!

とJRAにひと泡吹かせてくれるくらいの
大活躍に期待しましょう(笑)

2018年3月

女性騎手の1.5kgのアローワンス開始

また見習いや若手への恩恵は最大4kgに制限されました。
障害レースでの斤量軽減は2kg継続です。

藤田菜七子騎手と恒久2キロ減制度まとめ

いかがでしたか?

2019年3月1日から始まる
女性騎手のアローワンス(減量制度)
によってJRAはどう変化するのか?

藤田菜七子騎手がデビュー以来
年々『菜七子フィーバー』『菜七子祭り』
と盛り上がってきています。

このチャンスを活かして
騎乗技術やメンタル面の強化
図って実力を付けていきながら

将来は、バリバリG1や他の重賞で
勝ち負け出来る騎手になって欲しいです。

それでは、以上で

藤田菜七子騎手の騎乗予定と成績大幅アップ?
恒久アローワンス始まる

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク!




ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。