野球

赤松真人のスーパーキャッチが蘇るがん克服し決死の覚悟も身体戻らず

赤松真人のスーパーキャッチが蘇るがん克服し決死の覚悟も身体戻らず3

今回の『ぼちぼち くろブロ』では、

赤松真人のスーパーキャッチが蘇る
がん克服し決死の覚悟も身体戻らず

について記事をまとめてみました。

赤松真人のスーパーキャッチが蘇るがん克服し決死の覚悟も身体戻らず

ステージ3aの胃がん摘出手術
リンパ節転移への抗がん剤治療と
過酷な闘病生活を経て

 

復帰を目指していた広島東洋カープの
赤松真人選手がユニフォームを脱ぐ決意
自ら球団へ申し出て了承されました。

 

 

 

 

引退試合は9月22日
中日ドラゴンズ戦の予定です。

 

 

 

 

赤松真人選手といえば
2010年がベストシーズン

 

 

 

 

初タイトルとなる
ゴールデングラブ賞を獲得。

 

 

 

伝説のスーパープレイが飛び出した
シーズンです。







赤松真人のスーパーキャッチが蘇る

赤松真人のスーパーキャッチが蘇るがん克服し決死の覚悟も身体戻らず1

赤松正人選手のスーパーキャッチとは

2010年8月4日
対横浜ベイスターズ戦(現在のDeNA)で
飛び出たホームランをキャッチするプレー。

 

 

 

まずは、そのプレーを見てみましょう!


参照元:CrazyAndFunnyVids

 

 

 

当時の横浜ベイスターズの4番は
村田修一選手でした。

 

 

 

村田修一選手が放った放物線は
左中間スタンドへのキレイな軌道

 

 

 

観ているファンは
誰もがホームランを確信しました。

 

 

 

しかし、センターの赤松正人選手は
楽々と捕球ポイントへ追走し
素軽い身のこなしでフェンスに登り

 

 

 

ホームランをキャッチし
ひらりと身体を回転させながら
グランドへ舞い降りています。

 

 

 

そして、何事もなかったように
それが、カッコイイですよね。

 

 

 

 

このスーパーキャッチは、
当時、アメリカのスポーツチャンネルの
ESPNでも報道されました。

 

 

 

 

全世界のスポーツの中から選ぶ
その週の最高のプレー・ベスト10」の
1位として紹介されました。

 

 

 

 

まあ・・・忍者プレーとか
そんな表現で紹介されていたはずです。

 

 

 

このスーパープレーが
赤松真人選手を象徴する
伝説のプレーになっています。

 

ちなみ情報

赤松正人選手のグラブは
イチロー選手と同じ形のグラブ
使用しています。

 

基本の成形は全く同じで
フィンガーホールドと呼ばれる
細かな部分は赤松真人選手オリジナル

 

一つのグラブを3~4年間使用して
なじませていかれるそうですよ。

赤松正人選手は生涯守備率.994

赤松正人選手の1軍での実働
11年間で678試合

 

 

 

その1軍での678試合で
生涯エラー数はたったの6個です。

 

 

 

 

阪神タイガースから広島東洋カープへ
移籍後の3年目となる2010年からは
守備率は驚異の10割をキープしています。

 

 

 

 

2010年以降1軍での公式試合で
一度もエラーをしていないのです。

 

 

 

 

スーパーキャッチが赤松正人選手の
象徴的な伝説のプレーと述べましたが
華やかさに隠れたこちらの記録の方が

 

赤松正人選手本来のプレースタイル
表現していますね。

スポンサーリンク



がん克服し決死の覚悟も身体戻らず

赤松真人のスーパーキャッチが蘇るがん克服し決死の覚悟も身体戻らず2

胃がんを克服し決死の覚悟

赤松真人選手は
ステージ3aの胃がん治療で
胃の半分を切除しています。

 

 

 

リンパ節転移には早期復帰を目指し、
強い副作用の出る抗がん剤治療
あえて選択しています。

 

 

 

 

ステージ3aの胃がんの予後は50%
その後の胃カメラによる検査でも
再発は認めず。

 

 

 

 

現在のところ、がんを克服されています。

 

 

 

 

治療を終えて練習やトレーニングを
再開もなかなか体力や感覚が戻らず
心折れることも多い日が続きましたが

 

家族やファンの方々の励ましの手紙など
自分を奮い立たせる勇気をもらい
何とか1軍復帰しその恩返しを・・・と
決死の覚悟でトレーニングに励んでいました。

 

1軍で戦える身体に戻らず

胃を切除すると、ご飯が食べれません
少しの量でお腹が満腹になってしまいます。

 

 

 

分割食といって
1回分の食事を時間を開けて
間食という形で食べなければ
本来の自身の身体を維持できません。

 

 

 

 

そして、赤松真人選手は抗がん剤治療も
受けていましたのでピークの体重より
10kg近く落ちてしまっていたのです。

 

 

 

 

抗がん剤治療の副作用は強烈で
個人差もありますが、嘔吐や下痢
高い確率で出現します。

 

 

 

 

嘔吐や下痢症状が出現するということは
食欲が減退し体重が減少します。

 

 

 

 

胃切除と抗がん剤治療でがんを克服し
人生のリスタートは切れましたが
プロ野球選手としての身体や体力
戻せなかったのです。

 

 

 

 

年齢的にも
1軍で戦える身体に戻す事は
酷だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク


他にもおもしろい記事がありますよ~! ぜひ、ごらんくださいね。
あわせて読みたい
鳥谷敬の引退勧告は冷たくなかった現役続行の強い思いと葛藤している3
鳥谷敬の引退勧告は冷たくなかった現役続行の強い思いと葛藤している今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 鳥谷敬の引退勧告は冷たくなかった 現役続行の強い思いと葛藤している について記事をまと...
あわせて読みたい
安田祐香のクラブセッティング極みゴルフスイングと意識はプロを超越5
安田祐香のクラブセッティング極みゴルフスイングと意識はプロを超越今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 安田祐香のクラブセッティング極み ゴルフスイングと意識はプロを超越 について記事をまと...
あわせて読みたい
城山正太郎はイケメン走り幅跳び選手高校大学社会人と記録更新が凄い3
城山正太郎はイケメン走り幅跳び選手高校大学社会人と記録更新が凄い今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 城山正太郎はイケメン走り幅跳び選手 高校大学社会人と記録更新が凄い について記事をまと...
あわせて読みたい
水上桂はイケメン明石商業の扇の要笑顔がかわいい注目のドラフト候補6
水上桂はイケメン明石商業の扇の要笑顔がかわいい注目のドラフト候補今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 水上桂はイケメン明石商業の扇の要 笑顔がかわいい注目のドラフト候補 について記事をまと...
あわせて読みたい
渋野日向子のクラブセッティングシャフトを変えてスマイルシンデレラ2
渋野日向子のクラブセッティングシャフトを変えてスマイルシンデレラ今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 渋野日向子のクラブセッティング シャフトを変えてスマイルシンデレラ について記事をまと...

まとめ

いかがでしたか?

 

赤松真人選手、本当にお疲れ様でした。

 

 

あのスーパーキャッチは
記憶に残るプレーとして
プロ野球ファンに刻まれています。

 

 

 

阪神では同時期に赤星選手という
プレーヤーが存在し不遇な時代
過ごされましたが

 

広島東洋カープに移籍後は
本来の赤松正人選手のプレーを
発揮されてファンからもチームからも
愛される存在となりました。

 

 

 

今後も何らかの形で
プロ野球に携わっていかれると
思います。

これからのご活躍も期待しています。

それでは、以上で

赤松真人のスーパーキャッチが蘇る
がん克服し決死の覚悟も身体戻らず

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク!

スポンサーリンク



ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。