野球

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい何がどう変わったのかそのワケ

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい何がどう変わったのかそのワケ5

今回の『ぼちぼち くろブロ』では、

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい
何がどう変わったのかそのワケ

について記事をまとめてみました。

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい何がどう変わったのかそのワケ

矢野ガッツを何回も観たい!!
めちゃくちゃ楽しそうです。
純粋に野球を楽しむ姿が微笑ましいです。

今年の阪神ベンチを見ていて感じるのは
とにかく楽しそうで選手の振る舞いが
少年野球の男の子のように見えますね!

 

矢野監督はシーズン開幕前に
ファンを喜ばせる野球をすれば
自分も喜べるということを話されています。

 

このファンを喜ばせる野球
阪神のベンチの雰囲気が明るくなった
関係性について調べてみました。

 

ぜひ最後までお付き合いください!

スポンサーリンク







ガッツポーズで喜ぼう!

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい何がどう変わったのかそのワケ6

 

今年の阪神でガラッと変わったことは
ヒットを打った後や得点シーンでみられる
ベンチへ向かってのガッツポーズです。

勝っていても負けていても関係無く
ガッツポーズで喜びます。

 

少年野球の子供が純粋に野球を楽しんでいる
そんな雰囲気さえ感じますね!

ガッツポーズの導入

このガッツポーズは
清水ヘッドコーチが矢野監督に
提案されています。

清水ヘッドコーチは3月に行なわれた
侍ジャパンの強化試合にコーチとして参加。

その強化試合でメキシコの選手が
ヒットを打つ度に塁上からベンチに向かって
ガッツポーズをしていることに目をつけます。

ベンチがその度に盛り上がる一体感
感じたそうです。

 

“何かを変えなければいけない”という
変換期には良いと思ったことを
貪欲に取り入れていく発想ですね。

 

提案を受けた矢野監督も即決で
「どんどんガッツポーズをして喜ぼう」
と号令をかけたのが今につながっています。

ベンチの盛り上げ多彩

ガッツポーズ以外にジェスチャー等
新たな盛り上がり方が増えています。

 

マルテが初ホームランを打って
ベンチに帰ってきた時には
“サイレント・トリートメント”をしていましたね

ベンチの盛り上げ方も多彩になって
選手から自然発生しています。

 

昨年の雰囲気と比較して
本当に同じ選手たちなのかと疑って
しまうほどの変貌ぶりです。

昨年のベンチ

金本前監督時代はピリピリムード満載
重苦しい雰囲気で選手から笑顔が消えて
いましたよね。

野球評論家からも何度も指摘されていました。
首脳陣の厳しい視線が向けられると
重圧で選手が萎縮してしまっている

誰と野球をしているのか?

誰と勝負しているのか?

 

年を追うごとに監督と選手の溝が
大きくなって、観ているファンも
面白く無くなっていきました

ファンあってのプロ野球

監督は選手目線とファン目線
両方の感覚を持っていないと

楽しい野球、ファンを喜ばせる野球
は出来ないと率直に思います。

 

矢野監督がいつも口にされる
野球を楽しもう!ファンを喜ばそう!
という言葉。

これらを理解されている証拠ですね!

スポンサーリンク



ファンとの一体感

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい何がどう変わったのかそのワケ2

矢野監督になって変わった事は
まだありますよ。

甲子園球場の試合では勝っても負けても
試合後にベンチ前に整列して
ファンに一礼するようになりました。

ホームゲームでも負けた場合は
グラウンドに出てくることは無いのが
慣例だったので最初は違和感がありましたよね。

矢野監督の意図

来てくれてありがとう
負けた時はごめんなさい

「勝った時はファンと一緒に喜び合って
負けた時も気持ちのつながりができれば」
と話されています。

ファンと気持ちの面でも共有できる場面を
増やして一緒に戦っているという一体感
大事にされています。

他にもおもしろい記事がありますよ~! ぜひ、ごらんくださいね。
あわせて読みたい
【新型】チェキはメッセージをQRで送れるかわいいデザインで面白い
【新型】チェキはメッセージをQRで送れるかわいいデザインで面白い今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 【新型】チェキはメッセージを QRで送れるかわいいデザインで面白い について記事をまと...
あわせて読みたい
島谷ひとみが結婚する?お相手は元バンドマンで実業家の岡本真来社長4
島谷ひとみが結婚する?フライデーのお相手は実業家の岡本真来社長!今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 島谷ひとみが結婚する?フライデーの お相手は実業家の岡本真来社長 について記事をまとめ...
あわせて読みたい
近本光司が盗塁王獲れる 赤星憲広超えで新人王も狙え阪神のキーマン4
近本光司が盗塁王獲れる 赤星憲広超えで新人王も狙え阪神のキーマン今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 近本光司が盗塁王獲れる 赤星憲広超えで新人王も狙え阪神のキーマン について記事をまとめ...
https://botibotiaruku.com/sports/5915/
あわせて読みたい
トニー・ダガンは女子サッカーイングランド代表のレジェンド美人選手4
トニー・ダガンは女子サッカーイングランド代表のレジェンド美人選手 今回の記事では、 トニー・ダガン選手は女子サッカー イングランド代表のレジェンド美人選手 について記事をまとめてい...
あわせて読みたい
阪神の高橋遥人が井川慶のような 大エースになるために必要なもの4
阪神の高橋遥人が井川慶のような 大エースになるために必要なもの今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 阪神の高橋遥人が井川慶のような 大エースになるために必要なもの について記事をまとめて...
あわせて読みたい
【ジャンスポ】秋吉翔太ってどんなゴルファーWiki風プロフィール4
【ジャンスポ】秋吉翔太ってどんなゴルファーWiki風プロフィール今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 【ジャンスポ】秋吉翔太ってどんなゴルファー Wiki風プロフィール について記事をまと...
あわせて読みたい
佐々木朗希父のしつけ家族の絆?身長190cm球速163キロの怪物5
佐々木朗希父のしつけ家族の絆?身長190cm球速163キロの怪物 今回の記事では、 佐々木朗希父のしつけ家族の絆? 身長190cm球速163キロの怪物 について記事をまとめていきま...

選手と一緒に戦っている

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい何がどう変わったのかそのワケ4

最後は変わったというより
矢野監督は選手と同じ目線で戦っている。

 

ベンチで選手と一緒にガッツポーズして
喜んでいるシーンが良く見られます。

はしゃぎ過ぎと批判されることもありますが
皆さんはどうでしょうか?

 

私は決してはしゃぎ過ぎには見えません
むしろ、選手と一緒に喜ぶ姿は
見ていて楽しいです

 

野球に真剣に取り組み
そして楽しんでいるから
ファンにも野球の楽しさが伝わります。

選手たちも一緒に喜びを表現する
監督の姿を見て“野球は楽しい”
体現していると思います。

ファンや選手と同じ目線で喜んでいる姿
むしろ共感できます。

責任は俺がとる!

また、先日のヤクルト戦では
5点リードを追いつかれ、
2点勝ち越し後に再度追いつかれ

そのピッチャーの継投法に疑問視する
声が多かったですよね

 

12連戦の最後で5点ビハインドなら
最強リリーフ陣を使わずに逃げ切れる
という思惑だったに違いないでしょう。

 

その思惑が完全に外れてしまい
その後の継投は後手後手になって
再三ピンチを招いてしまって。

何とか負けずに引き分けた
という試合でした。

 

矢野監督は潔く、自分の采配ミスを認め
試合終了後のベンチ裏で
選手たちを集めて謝罪しています。

こういう展開にしてしまったのは、
俺の判断なんで。申し訳ない

こういう監督には選手は燃えますよね

余裕の勝ちゲームを取れなかったことで
チームの雰囲気が悪い方向へ行きかねない
監督の起用に応えられなかった選手も
少し救われますよね。

まとめ

いかがでしたか?

シーズン開幕前から矢野監督が
掲げてきた「誰かを喜ばせる野球」

その一貫でファンを喜ばせる
自分たちが喜ぶ楽しい野球を色々な形で
監督もコーチも選手も実践されています。

 

とにかくベンチの雰囲気が
昨年と比べてガラっと明るくなって

観ているファンもそれだけで
野球を楽しく観ることができています。

 

紹介した他にも
ヒーローインタビューもありきたり発言禁止
で自己アピールする場になっています。

 

本来、スポーツはする側も見る側も
楽しくなければいけない。
この単純なことを実践されているんです。

 

監督も選手もファンも一緒になって
喜び合うことで一体化し
見えない力を生んでいるのも事実です。

もっとこの一体化が強大になっていけば
矢野監督の思い描く逆転優勝
不可能ではないです。

それでは、以上で

矢野監督の阪神ベンチの雰囲気が明るい
何がどう変わったのかそのワケ

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク!

スポンサーリンク



ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。