スポーツ

北別府学が成人T細胞白血病に感染どんな病気で予後はどうなるのか?

北別府学が成人T細胞白血病に感染どんな病気で予後はどうなるのか4

今回の『ぼちぼち くろブロ』では、

北別府学が成人T細胞白血病に感染
どんな病気で予後はどうなるのか?

について記事をまとめてみました。

北別府学が成人T細胞白血病に感染どんな病気で予後はどうなるのか?

元広島東洋カープの大エース
北別府学さんが2年前から
成人T細胞白血病と診断されていた。

 

 

 

 

これは、ビックリしましたね。

 

 

 

 

2年前に成人T細胞白血病と診断され
定期的に経過観察のため通院されていた。

 

 

 

 

ということは、慢性型くすぶり型
成人T細胞白血病だったのでは?

 

 

 

 

それが、血液検査で数値が上昇して
治療入院が必要となっていますので
急性転化してしまったということですね。

 

 

 

 

この成人T細胞白血病は厄介な病です。

 

 

 

どんな病気で予後はどうなるのか?
気になるところです。







北別府学が成人T細胞白血病に感染

北別府学が成人T細胞白血病に感染どんな病気で予後はどうなるのか1

成人T細胞白血病の感染経路は?

感染経路には3経路が考えられます。

①母児間の母乳からの感染
②夫婦間の性交渉からの感染
③輸血からの感染

 

しかし、この中では
母乳からの感染が多くを占めます。
北別府学さんもこの可能性が高い

 

 

 

①母児間の母乳からの感染は?

母親がHTLV-Ⅰに感染している場合
その子どもは20~30%の確立で
感染している可能性があります。

 

 

 

 

これは母乳に含まれる
HTLV-Ⅰに感染したリンパ球が
主な原因と考えられているからです。

 

 

 

 

現在は母乳の抗体検査を行って
HTLV-Ⅰ感染の有無を確認します。

 

 

 

 

感染していれば母乳による授乳を止め
感染を予防しています。

 

 

 

 

北別府学さんは1957年生まれ
当時はこの検査が行われていない
可能性が高いと考えます。

 

②夫婦間の性交渉からの感染は?

夫婦間の性交渉となると
夫から妻への感染が主です。

 

 

 

 

つまり夫の精液中の
HTLV-Ⅰに感染したリンパ球を
介して妻へ感染するのです。

 

 

 

 

しかし、
夫婦間感染は極めて稀
確立も極めて低いです。

 

 

 

 

北別府学さんは夫に当たるので
夫婦間の性交渉からの感染は
考えられません。

 

③輸血からの感染

1986年から日赤の血液センターで
献血の際、HTLV-Ⅰ抗体の検査
行われるので輸血からの感染はありません。

 

 

 

 

北別府学さんが1957年に生まれてから
1986年までの間に輸血を行う怪我や
病気になった記録はありませんでした。

 

 

 

 

なので、輸血からの感染も
輸血をしていないと仮定して
可能性はありません。

スポンサーリンク



成人T細胞白血病とはどんな病気

北別府学が成人T細胞白血病に感染どんな病気で予後はどうなるのか2

成人T細胞性白血病とは

正式な病名は
成人T細胞性白血病リンパ腫
言われています。

 

 

 

 

血液細胞のリンパ球の中で
Tリンパ球が悪性化して
リンパ節や血液内で異常に増殖します。

 

 

 

 

そして、体内臓器や脳など
全身に感染が広がっていきます。

 

HTLV-Ⅰとは?

ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型
表しています。

 

human T-cell leukemia virus typeⅠ
頭文字を取った略称です。

 

 

 

 

日本では約120万人が罹患していると
言われています。

 

 

 

 

なぜだか南西日本に多いのです。
九州や沖縄です。

 

 

 

 

北別府学さんの出身地は
まさに南西日本の鹿児島県です。

データに符号していますね。

 

成人T細胞白血病の発症率

HTLV-Ⅰの感染者が10,000人に対し
発症するのは年間でたったの6人程度
なっています。

 

 

 

 

いわゆる、キャリアがほとんど
感染していても発症しない人が
多いということです。

 

 

 

 

発症機序については
長く研究されていますが
未だに解明がされていません。

 

成人T細胞白血病の症状は?

①頸部や腋の下、鼠径部のリンパ節が
腫れます。内臓も腫れます。

 

②細菌やウイルスに対する免疫能が
低下して肺炎などの感染症を
引き起こしやすくなります。

 

③骨髄が感染すると造血が妨げられ
様々な血液成分に影響が出ます。
貧血の症状や出血傾向になります。

 

④感染が皮膚に広がれば
湿疹などの皮膚症状が出現します。

 

⑤血液中のカルシウム値が高くなって
腎機能障害、意識障害、食欲不振、
吐き気や口渇感などの症状が出ます。

 

⑥感染が脳や脊髄に達すると
頭痛や吐き気などの症状も出ます。

 

北別府学さんも血液データで
成人T細胞白血病を示すデータが
昨年11月より悪くなっているので

これらいくつかの症状が
出現しているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク


他にも面白い記事がありますよ~! ぜひ、ごらんくださいね。

https://botibotiaruku.com/hobby/festival/8592/

あわせて読みたい
ホット黒糖タピオカミルクティー?くら寿司の人気スイーツが目白押し5
ホット黒糖タピオカミルクティー?くら寿司の人気スイーツが目白押し今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 ホット黒糖タピオカミルクティー? くら寿司の人気スイーツが目白押し について記事をまと...

 

北別府学の予後は?

北別府学が成人T細胞白血病に感染どんな病気で予後はどうなるのか3

北別府学さんの予後はどうなる?

成人T細胞白血病の予後を示すデータ

生存期間 2年生存率 4年生存率
急性型 6.2ヵ月 16.7% 5%
リンパ腫型 10.2ヵ月 21.3% 5.7%
慢性型 24.3ヶ月 52.4% 26.9%
くすぶり型 77.7% 62.8%

 

北別府学さんは2年前に
成人T細胞白血病と診断され
昨年の11月の血液データで
治療を要すると診断されています。

 

 

 

この情報から、急性型やリンパ腫型
ではない事がわかります。

慢性型くすぶり型の可能性が
極めて高いです。

 

成人T細胞白血病の5つの型が!

①急性型

血液中の異常リンパ球が多く出現し、
急速に増加していきます。

先ほど示した症状も
初期の段階から出現することが多いため
抗がん剤などによる治療が早急に行われます。

 

②リンパ腫型

悪性化したリンパ球がリンパ節で
増殖しますが血液中には
異常細胞を認めない型です。

こちらの型も急性型と同様な症状が
早い段階から出現するので
抗がん剤などによる治療が早急に行われます。

 

③慢性型

血液中の白血球が増加し、
多くのの異常リンパ球が出現します。

しかし、増殖速度は遅く、
症状の出現も無いことが多いです。
治療はせずに経過観察となります。

 

④くすぶり型

白血球は正常値で異常リンパ球が
確認できる型です。
皮膚症状を伴うこともあります。

定期的に外来受診しながら
経過観察をすることが多いです。

 

⑤急性転化型

慢性型やくすぶり型だった人が
急性型やリンパ腫型へ
病状が進行した場合を示した型です。

こうなれば、急性型やリンパ腫型と
同じなので治療が早急に必要です。

 

転化するまでの期間は?

慢性型では2~5年程度

くすぶり型は慢性型よりも
少し時間を要すると言われています。

 

 

 

これらから推測すれば
北別府学さんの成人T細胞白血病は
慢性型から急性転化型へ移行した
可能性が高いと考えます。

 

 

 

 

北別府学さんは
広島市内の病院に入院され
化学療法脊髄移植を行う予定と
発表されています。

 

 

 

 

成人T細胞白血病の治療は、
抗がん剤による化学療法
ファーストチョイスになります。

 

 

 

 

効果ですが幅が広く3割~7割という
データです。

 

 

 

 

一時的に効果が得られても
再発する率も高いのが現状です。

 

 

 

 

最終的に治癒と診断される人は
ごく一部に限られます。

 

 

 

 

脊髄移植というのは
造血幹細胞移植のことです。

 

 

 

 

これがハマれば
完全治癒が期待できる治療です。

 

 

 

 

北別府学さんは、現在62歳なので
全身状態が安定していれば
この治療を受けることができます。

 

 

 

 

ただ、条件があるのです。
HLA型が一致する提供者が
必要となります。

 

 

 

 

北別府学さんは脊髄移植の
治療を行うと発表されているので
お子さんや親族の中に適合者
おられるということでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

 

北別府学さんが成人T細胞白血病を
2年前から患っていた。
治療のため入院することに。

 

 

 

 

本当にビックリですよね。

 

 

 

 

成人T細胞白血病は
調べてみるとかなり厄介な病気です。

 

 

 

 

何とか治療効果に期待して
完治を願うばかりです。

それでは、以上で

北別府学が成人T細胞白血病に感染
どんな病気で予後はどうなるのか?

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク!

スポンサーリンク



ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。