健康

【男性】倦怠感の原因はいったい何辛い40~50代から抜け出す方法

【男性】倦怠感の原因はいったい何辛い40~50代から抜け出す方法4

今回の『ぼちぼち くろブロ』では、

【男性】倦怠感の原因はいったい何
辛い40~50代から抜け出す方法

について記事をまとめてみました。

【男性】倦怠感の原因はいったい何辛い40~50代から抜け出す方法

40歳半ば位から
急に身体の不調を
感じるようになりますよね。

 

 

 

ぐっすり寝たつもりなのに
朝起きても疲れが残っていて
全身の怠さ眠気も残っている。

 

 

 

とにかく年から年中、
全身倦怠感に苛まれてしまって
スッキリ感が得られませんね。

 

 

 

この身体の怠さの原因は
いったい何なんでしょうか?







倦怠感の原因は何?

【男性】倦怠感の原因はいったい何辛い40~50代から抜け出す方法1
倦怠感の原因は
ありすぎて書ききれません。

 

 

 

これは本当です。

 

 

健康な人も、病気を患っている人にも
倦怠感という症状が出現するからです。

 

 

 

なので、比較的身体は健康なのに
「全身がだるい」「もや~っとしている」
「やる気が出ない」といった人に絞ります。

 

 

 

どうしてかと言うと・・・

 

 

 

私の体験に基づいての話なので
様々な病気から出現する倦怠感は
わからないからです。

 

 

 

私が体験したのは
男性更年期障害うつ状態です。

 

 

 

ストレス社会で頑張る
40代~50代の男性に
起こりやすい倦怠感の原因です。

 

 

 

男性も女性同様に更年期障害が
40代~50代で起こる人もいます。

 

 

 

うつ状態は年代を問わず
誰にでも起こります。

 

40~50代が辛い日々に

男にとっては
ラストを締めくくる時期であり
最後の働き盛りと言っていい年代です。

 

 

 

それに反して、
人生の疲れが一気に押し寄せる
年代でもあるんですよね。

 

 

 

私は45歳を迎える頃から
疲労が抜けにくい身体になった
と実感しました。

 

 

 

その頃から

市販薬を飲んだり・・・
サプリメントを試したり・・・

接骨院へ通ったり・・・
低反発枕を購入したり・・・

 

 

 

色々と試しましたが、
全くよくなりませんでした。

 

 

 

それでも・・・老体に鞭打って
職場全体の進捗度を見渡して
リーダーシップを発揮しながら
仕事をテキパキとしていたんです。

 

 

 

しかし、50歳を手前に
倦怠感と肩、腰、首の痛みが
一気に強くなってしまいました

 

 

 

それらの症状が毎日続くので
憂鬱な気分も日増しに強くなり
仕事に影響が出る状態まで
悪化してしまいました。

スポンサーリンク



男性更年期障害とうつ状態

【男性】倦怠感の原因はいったい何辛い40~50代から抜け出す方法2

男性更年期障害

男性更年期障害は
男性ホルモンの減少から
発症すると言われています。

 

 

 

男性ホルモンが減少すると
性欲や認知機能、心理機能
大きく影響します。

 

 

 

なので、倦怠感やうつ状態、
性欲減退、筋力低下など
症状が出ます。

 

男性ホルモンが減少するのはなぜ?

最たる原因は
老化ストレスです。

 

 

 

現在の日本は
不安定要素が多い社会です。

 

 

 

皆さん、何かしらの不安を抱えながら
日常生活を送っていますよね。
それらがストレスなのです。

 

 

 

男性更年期障害の発症率
年々多くなっています。

 

 

 

以下の項目に該当すればするほど
男性更年期障害になりにくいです。

・仕事にやりがいを感じる
・日常生活で趣味があり、交友も広い。
・家族との関係が良好である。
・自分らしく楽しい人生を送っている。

 

うつ状態

うつ状態になっていく傾向には
以下のような事があります。

 

最近めっきり元気が無くなった。

 

日々の楽しみが無い。減っていく。
楽しみを見つけられない。

 

仕事への活力が減った。無くなった。
取り組む意欲が無くなった。

 

身体が動かない。
何をするのもしんどい。

 

若い頃の自分と比較して
ギャップを強く感じる。

 

うつ状態にも発症機序が
たくさんあるので専門医でも
判断が難しいとされています。

 

 

 

精神疾患からくるうつ状態なのか?
男性更年期障害の1つの症状なのか?

 

 

 

私の場合も発生機序がわかりません。

 

ただ、男性更年期障害の症状である
倦怠感が40代半ばから出現して
徐々にうつ状態となっていったので
後者かもしれません。

 

 

 

倦怠感が強まり、眠気や肩こりに
悩まされながら仕事や日々の生活に
嫌気が生まれました。

 

 

 

振り返って気付いたことなんですが
仕事をしている感覚として、
若い頃の自分を基準にしていたのです。

 

 

 

体力スピード効率
加齢と共に落ちてくるのは
当然なんですよね。

 

 

 

つまり、こういうことです。

出来ていた→上手く出来なくなった。

早く出来た→出来るのが遅い。

効率よく出来た→出来たがロスが多い。

 

 

 

でも、それを認めたくない自分がいて
若い頃と同じようなスタンスで
仕事を続けてきたのです。

 

その結果、破綻したのです。

スポンサーリンク


他にも面白い記事がありますよ~! ぜひ、ごらんくださいね。
あわせて読みたい
無症候性感染者がなぜいっぱいいる新型コロナウイルス感染抑制は困難3
無症候性感染者がなぜいっぱいいる新型コロナウイルス感染抑制は困難今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 無症候性感染者がなぜいっぱいいる 新型コロナウイルス感染抑制は困難 について記事をまと...
あわせて読みたい
鈴木啓太の会社はうんちの研究所アスリートの腸内フローラからサプリ3
鈴木啓太の会社はうんちの研究所アスリートの腸内フローラからサプリ今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 鈴木啓太の会社はうんちの研究所 アスリートの腸内フローラからサプリ について記事をまと...
あわせて読みたい
ペスト菌の人への感染経路や致死率日本で初流行したのは約100年前4
ペスト菌の人への感染経路や致死率日本で初流行したのは約100年前今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 ペスト菌の人への感染経路や致死率 日本で初流行したのは約100年前 について記事をまと...

辛い40~50代から抜け出す方法

【男性】倦怠感の原因はいったい何辛い40~50代から抜け出す方法3

抜け出す方法

まずは行動することです。
そして、
老いを受容することです。

 

 

 

男性更年期障害は
総合内科や内分泌科
相談しましょう。

 

うつ状態の相談は
メンタルクリニックや神経内科
良いでしょう。

 

 

 

私は、メンタルクリニックで
先生と対話することで考え方や
老化の受け入れが良くなりました。

 

 

 

なので、
うつ状態はピーク時より
かなり良くなっています。

 

 

 

ただ、職場でこれまで通り
仕事ができないやりにくさ
感じています。

 

 

 

それは、周囲のスタッフが
自分の見方や反応に
変化があるからです。

 

職場を変えたら環境も変わる

老化した自分を受け入れた自分で
新たに再スタートした方が
完全に抜け出すには良いのではと
考え転職しました。

 

 

 

男性更年期障害やうつ状態は
とても辛いです。

 

 

 

本当に毎日が苦痛ですよね。

 

 

 

何とか、この倦怠感だけでも
取れないものか・・・
私も今だ悪戦苦闘しています。

 

 

 

ただ、少しずつ改善しつつあります。
1つの行動で
変わる事を実感しています。

 

 

 

そして、
老化を素直に認めることが
とても重要です。

 

 

 

加齢というものには、勝てません。
加齢に伴って
自分の心身も変化します。

 

 

 

若い頃と同じように・・・
誰もがそう望みます。

 

 

 

でも、そこにコダワレ
どこかで歪が生じるんです。

 

 

 

現実の自分と冷静に向き合って
「出来なくなった、遅くなった」
自分を認めることが大事です。

まとめ

いかがでしたか?

 

 

40~50代の男性にジワリジワリ
押し寄せる倦怠感の原因は何?

 

 

 

倦怠感という症状だけでは
原因は特定できません

 

 

 

自身の体験から
辛い倦怠感を引き起こす
男性更年期障害うつ状態
絞って抜け出す方法を教えます。

 

 

 

それは行動
老化を素直に受容することです。

 

それでは、以上で

【男性】倦怠感の原因はいったい何
辛い40~50代から抜け出す方法

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク!

スポンサーリンク



ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。