趣味

【新種】デイゴハナガサクラゲとは沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現

【新種】デイゴハナガサクラゲとは沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現4

今回の『ぼちぼち くろブロ』では、

【新種】デイゴハナガサクラゲとは
沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現

【新種】デイゴハナガサクラゲとは沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現デイゴハナカサクラゲ

 

について記事をまとめてみました。

ハナガサクラゲ属としては
114年ぶりの新種と認めらたのが
“デイゴハナガサクラゲ”です。

 

 

 

 

パッと見た感じでは
ハナガサクラゲとどこがどう違うのか
わかりにくいですよね。

 

 

 

 

それでも、外見上の微妙な違い
DNA分析の結果から新種認定されました。

 

 

 

 

そんなデイゴハナカサクラゲについて
気になったので調べてみました。







デイゴハナガサクラゲとは

【新種】デイゴハナガサクラゲとは沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現1デイゴハナカサクラゲ

 

ハナガサクラゲ属は
これまで世界で6種類が知られています。

 

 

 

 

その中でも最も美しいクラゲとして
日本のハナカサクラゲは有名です。

 

 

 

 

今回、114年ぶりの新種として
新たにそこに加わった
“デイゴハナカサクラゲ”ですが

最も美しいハナカサクラゲに
匹敵するくらいの美しいクラゲです。

 

 

 

 

その美しさが端的に現れているのが
触手です。

いわゆる、
クラゲの胴体にあたる傘の表面
縁からユラユラ伸びている部分です。

 

 

 

 

この触手の先端から
紫色~蛍光の緑色~薄い黒色
かなりのド派手な配色になっています。

 

 

 

 

また、沖縄の県花「デイゴ」のような
赤色っぽい蛍光発色するのが特徴です。

 

 

 

 

傘の部分の直径はだいたい6~8cm
傘自体の色は透明で形はドーム型です。

 

デイゴハナガサクラゲは夜行性

昼間はたいてい海底でじっとしています。
夜になると水面近くまで浮上して
食事や産卵を行います。

スポンサーリンク



ハナカサクラゲとの違いは?

【新種】デイゴハナガサクラゲとは沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現2ハナカサクラゲ

 

デイゴハナガサクラゲは
一見するとハナガサクラゲと
見分けがつかないくらいです。

 

 

 

 

よくよく観察すると
傘表面の触手の数がハナガサクラゲより
少ないことがわかります。

 

 

 

 

それと、全体的な色合いが
ハナカサクラゲよりパステル調で
淡い色彩になっています。

 

デイゴハナガサクラゲは猛毒なの?

ハナガサクラゲのような華やかで
派手なクラゲたちは猛毒を持っている
種類が多いです。

 

 

 

 

デイゴハナガサクラゲの毒性については
未だ解明されていません

 

 

 

 

しかし、外見上やDNA解析から
ハナガサクラゲ属の一種なので
猛毒を持っている可能性は高いと思われます。

 

デイゴハナガサクラゲはどこで観れる?

沖縄美ら海水族館
2月末まで展示する予定となっています。

 

スポンサーリンク


他にも面白い記事がありますよ~! ぜひ、ごらんくださいね。
あわせて読みたい
スマスイが建て替えリニューアル!民営化で須磨のビーチがリゾート化6
スマスイが建て替えリニューアル!民営化で須磨のビーチがリゾート化今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 スマスイが建て替えリニューアル! 民営化で須磨のビーチがリゾート化 について記事をまと...
あわせて読みたい
トビイロウンカの被害は甚大だ成・幼虫を写真で確認防除注意報も出た5
トビイロウンカの被害は甚大だ成・幼虫を写真で確認防除注意報も出た今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 トビイロウンカの被害は甚大だ 成・幼虫を写真で確認防除注意報も出た について記事をまと...
あわせて読みたい
ツマジロクサヨトウってどんな害虫日本の農作物がヤバイ壊滅的危機に4
ツマジロクサヨトウってどんな害虫日本の農作物がヤバイ壊滅的危機に今回の『ぼちぼち くろブロ』では、 ツマジロクサヨトウってどんな害虫 日本の農作物がヤバイ壊滅的危機に について記事をまと...

沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現

【新種】デイゴハナガサクラゲとは沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現3沖縄の県花『デイゴ』

 

デイゴハナガサクラゲの名前の由来

デイゴハナガサクラゲは
沖縄本島の北部の海で発見されました。

 

 

 

 

沖縄の県花は『デイゴ』ですよね。

 

 

 

 

デイゴの開花時期
デイゴハナガサクラゲの出現時期
重なるのとデイゴと同様に親しみを
持ってもらう意味合いが込められています。

 

デイゴの花が満開の年は台風も多い?

デイゴの花は初春から初夏に掛けて
真っ赤な花を咲かせます。

 

 

 

 

実はこの『デイゴ』には
沖縄に伝わる都市伝説的
話があるのです。

 

 

 

 

それは、
“デイゴの花がたくさん咲く年は
台風もたくさんやってくる”
という話です。

 

 

 

 

THE BOOMの『島唄』の歌詞にも
“デイゴの花が咲き♫
風を呼び嵐が来た~♪”と・・・

 

 

 

 

デイゴハナガサクラゲも
たくさん出現すると
台風が多くなるかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

 

デイゴハナカサクラゲは
ハナカサクラゲ属の新種として
114年ぶりに認定されました。

 

 

 

 

見た目は一見どこが違うのかと
思うくらい似ています。

 

 

 

 

しかし、よく見ると
触手の数や色合いが違います
DNA解析に結果から新種とされました。

 

 

 

 

名前は
沖縄本島北部の海で発見されたことから
沖縄の県花『デイゴ』を冠名にしています。

 

 

 

 

デイゴの花が咲く時期
デイゴハナカサクラゲの出現時期
重なることも由来の1つです。

 

それでは、以上で

【新種】デイゴハナガサクラゲとは
沖縄の県花デイゴが咲く時期に出現

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク!

スポンサーリンク



ABOUT ME
くろ
もう、こんな年齢になってしまったんやな~・・・ としみじみとしております。 少年だった頃から、サッカーと野球が大好きです。 現地観戦もたまにしますが、ほぼテレビ観戦です(笑) 最近は、スポーツ以外にも 色んなことに興味を持ち出した ダンディーなオジサマが(笑) 思い切ってブログも始めてみました! オジサマ的視点で色んなことを 発信していこうと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。